愛されて35周年


by ckd95950k
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

風水旅行in秋田

この前の土日に大学時代の落研メンバーで秋田に行ってきました。

東北出身の私だけど、秋田は実は初めて。
ガイドブックなんかの情報によると、4月下旬〜5月上旬が桜の時期ってのもあったので、ついでにみれるかと期待してました。

e0023422_051022.jpg


え?

e0023422_054388.jpg


ええええー?!
今、春じゃないの????

桜というか雪見の旅となりました…。
日本って本当に縦に長いんだね。あはは。


乳頭温泉(素敵な名前だ)も初めて行きましたが、
これぞ本当の温泉!
まさに今湧いているお湯に浸かって極楽気分を満喫してきました。
e0023422_0111833.jpg

建物も風情たっぷり。
子宝の湯には、秘宝館を思わせる殿方のシンボルがご神体として鎮座してました。
写真撮ってくればよかったな。

いきあたりばったり一泊二日の旅。
予定通りじゃないのもまた楽しって事で。
[PR]
by ckd95950k | 2006-04-26 00:17 | こんな所に行った

サラリーマンNEO

NHKでこんな番組やってたんですね。
今日、偶然観てしまったんですが、一瞬民放のバラエティーかと思ってしまいました。
サラリーマンをネタにしたコント満載。
くっだらねーと思いつつも激しく共感したりして。

なんとこの番組2004年からやってたんですね。
もしかして、皆知ってた?
最近、世間に疎いので…。
過去の放送では是非、乳首の研究をしているおじさんの回*が観たいです。

*"入社以来、なんと32年間、乳首一筋なんだ。"という言い回しについ笑ってしまいます。
[PR]
by ckd95950k | 2006-04-18 23:59 | TVとか

勘違い…

今日寝坊しました。
大急ぎで支度して駅に着いたら、妙に人が少ない。
…なんか一時間早く来ちゃったみたい。
嬉しいやら悲しいやら、なんか力がぬけた。
あぁあ。せめてもう少しちゃんと化粧して、まともな服着て行きたかった。

以上、速報でした。
[PR]
by ckd95950k | 2006-04-13 07:13

観るしかない。

また気になる番組が始まってしまいました。
始まったというか、特集する人物がすごく気になる人になったというか。

NHKの「私のこだわり人物伝」なんですが、今回の人物は寺山修司だそうです。
寺山修司を語るのが美輪明宏。
で、タイトルが「私と彼のただならぬ関係」ときたもんだ。
こりゃ観るしかないでしょう。

寺山修司が終わると、リリーフランキーが松田優作を語るそうです。
うわーん。絶対観なくちゃ!

これまでテーマにされた人物含めて
この番組のラインナップ好きだな。
[PR]
by ckd95950k | 2006-04-12 23:14 | TVとか
皆さんとっくに知ってるかもしれませんが、今ブログやサイトなどで成分解析が流行ってるそうですね。
適当な言葉を入れて「成分解析する」ボタンを押すと、その言葉の何%が何で出来ているか適当に決めてくれるソフトらしいです。

で、このブログ名の「たけタケtake」で成分解析すると
 たけタケtakeの66%は優雅さで出来ています
 たけタケtakeの33%は成功の鍵で出来ています
 たけタケtakeの1%は理論で出来ています

ですって。いいじゃな〜い。
ただ、理論が1パーセントって所が当たってるだけに腹が立ちます。

で、本名でやってみると
 80%は蛇の抜け殻で出来ています
 6%は情報で出来ています
 6%は濃硫酸で出来ています
 5%は心の壁で出来ています
 3%はお菓子で出来ています

だってさ。なんだよ蛇の抜け殻って…。
私をお財布に入れとくと金持ちになれんのかよ
濃硫酸って人間じゃないのかよ(くりいむしちゅー上田風に)
まあ、心の壁は当たってますよ。しょぼーん。
[PR]
by ckd95950k | 2006-04-08 23:07 | 雑記
「チルドレン」好きなんですよ。
もしかしたら伊坂幸太郎の作品の中で一番かもしれない。
それがドラマ化…。
うれしいようなうれしくないような。
好きな漫画や小説ほど実写化されると自分の中の印象が壊されるアレ。
新撰組がドラマ化される度に感じるあの違和感ですよ。
どちらにしろwowowなので観れない私には関係ない話なんですけど。

この話は何編かのショートストーリーで成り立ってて、ほぼ武藤という人の主観で話が進みます。(別の登場人物が語り主になる話もあります。)
でもね。この話の本当の主人公は陣内さんなんですよ。
いろんな人からみた陣内さんの話なんです。
この陣内さんが不思議でおかしくて、かわいくて、とっても魅力的。
あー。大森南朋が陣内さんかぁ。なんかイメージが違うなあ。

まあ、とにかく気が向いたら読んでみて!
読んだ後なんとなくやさしい気持ちになれるんですよ〜。


ドラマ
[PR]
by ckd95950k | 2006-04-04 23:04 |